人工妊娠中絶手術

妊娠が判明したものの、さまざまな理由で残念ながら妊娠継続を希望する事が出来ない場合、妊娠12週までの方を対象に中絶手術を行っています。

手術については、母体保護法指定医である院長が安全性を確保しながら痛みがなく、母体に負担をかけない手術を行っています。

中絶手術は、妊娠22週以降はどんな場合でも手術を受けることはできません。
胎児が大きくなるにつれて、母体へのダメージも大きくなり、手術も難しくなりますので、どうしても妊娠の継続が難しい場合は、一人で悩まずにお早めにご相談ください。

※人工妊娠中絶手術を受ける場合は、法律で同意書の提出が義務付けられておりますので、既婚・未婚に関わらず、ご本人とパートナーの署名捺印が必要です。