性感染症とは?

性感染症とは性行為を介して、感染していく病気でSTD(Sexually Transmitted Diseases)とも呼称されます。
性感染症にはいろいろな病気がありますが、近年では、10代~20代の若年層においてクラミジア感染症や淋菌といった各種の性感染症が急増しています。
STDの検査は、痛くなく簡単に済むものが多いです。
陽性と診断されても、きちんと処方された薬を服用することでほとんどの性感染症(性病)は治療できます。
気になる症状がある方は、早めにご受診ください。
羞恥心から放置していても我慢すれば治ると思っていると、症状が進行し、場合によっては不妊の原因になってしまう場合もあります。
できるだけ早く診断・治療を受けることをお勧めします。

主な性感染症の病気

クラミジア感染症
病原体はクラミジアトラコマティスで、性的接触による粘膜同士の接触で感染します。潜伏期間は1~3週間です。症状としては、男性では排尿時痛や尿道掻痒感が生じますが、女性では症状が軽く無症状のことも少なくありません。診断は性器や尿道からの分泌物や尿、口腔内からの抗原検出や核酸検査(PCR)で行います。治療には抗菌薬を使います。放置すると不妊、流産・死産の原因になることがあります。

性器ヘルペス感染症
病原体はヘルペスウイルスで、性的接触による皮膚・粘膜の病変との接触で感染します。潜伏期間は2~10日です。症状としては、性器の痒み、不快感ののち、水泡、びらんが生じます。診断は病変部からウイルス分離、抗原検出や核酸検査(PCR)で行います。治療には抗ヘルペスウイルス薬を使います。放置するなど痛くて出来るものではありませんが、放置しても2~4週間で自然に治ります。ただし再発を繰り返すことが少なくありません。

梅毒
病原体は梅毒トレポネーマで、性的接触による皮膚や粘膜の病変との接触により感染します。潜伏期間は約3週間です。症状としては、感染部位(性器、口など)に赤色の堅いしこりやただれが出来、近くのリンパ節が腫れます(第1期)。 その後3~12週間くらいの間に、発熱、全身倦怠などの全身症状とともに、皮膚に様々なタイプの発疹が現れ(第2期)、さらに10~30年の間に心臓や血管、脳が冒されます(第3、4期)。診断は病変部の病原体を確認(顕微鏡観察)するか、あるいは血液による抗体検査で行います。治療には抗菌薬(主としてペニシリン系)を使います。放置すると第1期から2期、3・4期へと徐々に進展します。精神神経異常、死に至ることもあるほか、母体の感染により、出生児が先天梅毒になることがあります。

淋病
病原体は淋菌で、性的接触による粘膜接触で感染します。潜伏期間は2~7日です。症状としては、女性ではおりものや不正出血が見られるか、あるいは症状が軽く、気づかないことも少なくありません。咽頭や直腸への感染もありますが、自覚症状が無く、気づきにくいものです。診断は性器、尿道からの分泌物や口腔などから病原体分離培養、あるいは核酸検査(PCR)で行います。治療には抗菌薬を使いますが、各種の抗菌薬に対して耐性率が高くなっています。放置すると不妊の原因になることがあるほか、感染した母体から出産した新生児が淋菌性結膜炎になることがあります。

カンジダ腟炎
病原体はカンジダ属の真菌(カビの仲間の総称)です。性的接触により伝播することがありますが、発症するとは限りません。潜伏期間は定まっていません。症状としては、女性では外陰部の痒みとおりものの増加が見られます。診断は顕微鏡観察等による病変部からの胞子や仮性菌糸の検出や病原体の培養によって行います。治療には抗真菌剤の腟錠や軟膏・クリーム、経口薬を使います。放置すると症状が継続したり、再発・再燃を来たしたりします。放置しておいて治ることはありません。

尖圭コンジローマ
病原体はヒトパピローマウイルス(6型、11型が多い。子宮頸がんを発症しやすいのは16型、18型)で、性的接触による皮膚や粘膜の病変との接触です。潜伏期間は3週間~8ヶ月です。症状としては、性器・肛門周囲などに鶏冠様の腫瘤が出来ます。診断は、病変部の形態の観察、病原体の核酸検査(PCR)で行います。治療は切除、レーザー、クリーム(イミキモドクリーム)などで行います。放置した場合、20~30%は3ヶ月以内に自然治癒しますが、一方では悪性転化することもあります。

ケジラミ症
病原体はケジラミです。性的接触による陰股部、陰毛との直接接触が多いのですが、衣類・寝具などを介する間接的感染もあります。潜伏期は不定ですが、1~2ヶ月が多いようです。症状としては寄生部位(主に陰股部)の強い痒みです。診断は皮膚・陰部・毛髪などの虫体や卵の確認で行います。治療は剃毛するか、フェノトリンパウダーあるいはシャンプーを用いて行います。放置すると、症状の継続あるいは悪化を来たします。放置しても治ることはありません。

性感染症が疑われる症状

次の症状がある場合は、性感染症が疑われますのでお早めに受診ください。

・おりものの量が増加した
・性器の痒みがある
・性器のにおいが気になる
・外陰部に痛みがある      など